FX天才チャート検証 2019年9月06日 -30pipsの損切りからの復活した方法を解説します。

どうも^^

手島です。

欧州市場

前半 15:30~16:00

後半 16:30~17:20

GBPUSD -30pips

今日もマイナスからのスタートでした。

お昼ご飯を食べながらスマホでVPSに入っている天才チャートを見ちゃいますね(笑)

移動平均線が完全に密集しているし、ボラティリティもそんなに出ていないので最悪損切も小さくできるから勝負を賭けてみようかなと思います。

トータル+27pipsまで上に伸びたのでまだいけるかな~と思い16:00まで待つことにしたら…

15:50ぐらいから逆に行かれてしまいました。

最後に青い移動平均線で追撃エントリーしましたがぶち抜かれ損切。

トータルで-30pipsぐらいの損切になります。

そのままポンドは下落。

ポンドドルは拮抗しながらも戻り売りの形になりましたのでこれは下落目線でいいだろうと判断。

尚且つ、4時間MAを除いては綺麗なパーフェクトオーダーの形をしています。

16:30の段階でこれなら指標やよほどのことがない限りぶち上げてはこないと思う。

あとは、ポン円、ポンドオージーと相関していました。

ユーロポンドに関しては赤の移動平均線で拮抗、ドル円も拮抗ということが、

恐らくスコンと落ちなかった原因だと思います。

そして、この下に赤の移動平均線があるのでマックスの利食いポイントがそこだろうと思いました。

ただ、一回30pipsの損失を作っているのでまずはそれを回収することを考えてました。

こんな感じで赤の移動平均線タッチで戻されましたね。

期間が大きな移動平均線程戻される確率が高くなるので。

また、今日は金曜日なのでニューヨーク市場は荒れ相場になる可能性も否定はできないし、

デカい指標も二つほどあるのでやらないつもりでいます。

欧州市場の段階でまだよほどのチャンスがあれやるかな~って感じです。

でも、どうだろうな?

相場にムカついて頭が熱くなっている状態だからやらないかもです(苦笑)

何だろうなw

最近、欧州の初動にエントリーして振り回されている感じがしますね(苦笑)

安牌でやるなら16:30ぐらいからのほうがいいかもです。

ただ、やっぱり初動を掴むと美味しいんですよ。

16:30ぐらいでトレンドができているからそこを狙うのはいいと思うんですが、

思いっきり伸びたあとだと損切りなどを考えると入りにくかったりするので、ちょっとリスクをとってでも初動を狙うのはありかな~なんて思います。

伸びたところでリスクをとって入るか?

伸びる前にリスクをとって入るか?

の違いです。

まあ、-30pipsとか-50pipsとかならリカバリーするのはそこまで難しくはないですからね。

これが、-500pipsとかになるとリカバリーできなくはないと思いますが大変なので、

最近のやり方としては損切り幅を狭くしている感じです。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です