FX天才チャート検証 2019年9月16日 GBPUSD+50pips

どうも^^

手島です。

欧州時間

15:50~16:50

本日は15:00ぐらいからチャートに張り付き監視をスタートしました。

15:00過ぎですとまだ動きがわからず…

恐らく下落かもねっていう程度で確証はなかったので撃てなかったです。

トレンドの初動なので撃って利益が乗ってきたらSLを建値付近に移動するのはおすすめです。

そーすれば逆に行かれても大きな損失を作るリスクを回避できますからね。

さて、本日は15:50分ぐらいからトレードをスタートしました。

16:00になれば大きく下落するかな~と思いきや一度75分15分MA(オレンジの移動平均線)まで戻したのでそこでポジション追加。

 

ストップロスはいつものように青の移動平均線よりも少し上。

直近高値でもしかすると反転する可能性があるのでいつもよりも少し上にしました。

それでも、最大損失額はおそらく-50pipsも行かない程度なのでかなり強気で挑めました。

ただ、16:00の段階で一度戻されてしまっているので直近安値ぐらいになったら利食いするプランに変更。

ぶち抜いて思いっきり下には行けないかなと思いました。

けれども、ここまで下落しているしレジサポをぶち破るほどの上昇のパワーもないだろうと判断しました。

根拠は、ポン円、ポンドオージーと相関、ユーロポンドと逆相関

ドル円は方向性がよくわからない。

ポンドオージーに関してはオジドル、オジ円との逆相関が効いていないからなし。

ポン円は形的に微妙なのとボラがデカすぎたのでナンピンするとなるとポンドルのほうが丁度いいかなと。

ポジションが多くなるとドローダウンもその分大きくなるのでね。

僕はボラティリティの大きさとかも考えています。

かといって、EURUSDのようになさすぎるのも効率が悪いから丁度いいのを選びます。

直近安値の髭の先端で停滞し始めた、尚且つ陽線になり始めたので利食いしました。

トータルで+50pipsぐらい捕れたので充分でしょう。

あとは、ポン円が丁度赤の移動平均線で赤の移動平均線で弾かれそうな感じがしたのでここで終わりました。

その後、こんな感じになりました。

また戻されているのでここで利食いしておいてよかったと思いました。

この先どーなるかは分かりません。

方向的には下落なのでたぶんですが、まだ下がるかもしれませんけどハッキリとした根拠はないのと、

短時間勝負で終わらせたいのでこれで充分です。

ではでは、手島でした^^

Bigbossクリスマスキャンペーン実施中!

Bigbossがトリプルキャンペーンを始めました!任金額が少なくても100%のボーナスがもらえる!例えば、10万円の入金で20万円の資金をで運用が可能なので成り上がりのチャンスです!少額トレードをされる方は是非この機会をご利用ください。

>>Bigbossクリスマスキャンペーンの詳細はこちらへ


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です