高橋良彰 億スキャFX ~絶対公式 TAKAHASHIメソッド 特典・検証・評判・レビュー

どうも^^

手島です。

結構話題になっている教材ですが…

高橋良彰さんの億スキャFX

という情報商材についてです。

億スキャFXという名前の通りロジックはスキャルピングになります。

スキャルピングってどんなイメージを持たれている方が多いでしょうか?

「短期間で利益を増やせる」
「回転率が非常に良い」
「Lotsを大きくできる」

というメリットのほか、

「難しい」
「コツコツドカンを起こしやすい」

というデメリットもあります。

ただ、「難しい」「コツコツドカーン」に関していえばルールをちゃんと守ればこのデメリットはすぐになくなります。

しかし、初心者さんはそのルールを守れないから苦戦するのだと思います。

そーいう意味で億スキャFXという教材はロジックに資金管理が考慮されており、

「システム的なスキャルピングで利益を上げることができる」ので

スキャルピング初心者にはオススメではないかと思います。

そんな、ツールと教材を紹介したいと思います。

高橋良彰さんのトレードの実力はどんだけ凄いのか?

高橋さんはシカゴのヘッジファンドで活躍されていた方で現在はプロップファームを経営しています。

プロップファームとは一般のヘッジファンドとは異なり会社の自己資金だけで利益を上げていくトレード会社です。

精鋭たちが集まってトレードだけで利益を積み上げていく会社なので本当にこれを経営出来るだけでも凄い事なのです。

しかも、高橋さんの実力って本物です。

そもそも、実力が無ければプロップファームなんてものは経営することは不可能です。

ちなみに、高橋さんは266回トレードを行い255回勝利しています。

勝率95.8%の圧倒的なパフォーマンスを叩き出しているのです。

僕は勝率至上主義ではありませんし、

266回という少ない回数でも95%以上出すというのは素直にすごいと思いました。

やっぱりFXを学ぶなら最低限常に勝ち続けている人間から学ばないといけないのです。

当たり前ですよね。

勝っているかどうかもわからない似非講師から学んでも得られるものはないからです。

そーいう意味で高橋さんはホンモノのプロップトレーダーですからこのロジックを知る価値は十分にあるでしょう。

高橋さんは実際にメディアに多数掲載されている方です。

投資業界をリアルに描いた連載小説『灰色白書』の主人公、高木清明のモデルにもなられた方。

ヘッジファンドの世界ではかなり有名な人らしく胡散臭い講師とは天と地ほどのレベルが違います。

絶対公式TAKAHASHIメソッドを実践された方も大きな成果を出しています。

こちらはクロスリテイリングさんが講義内容通りに実践した結果です。

12カ月で12000pipsという数字を叩き出しています。

海外の10万通貨の業者であれば1Lotsだとしても1200万円の利益を出したことになります。

17年間教え子でマイナスを出した生徒は一人もいない!

というぐらい再現性が高くシンプルなロジックであることが伺えます。

ルールを視覚的にわかりやすくしているので非常に初心者向でも実践可能な方法であることがわかります。

スキャルピングに取り組んでみたけど上手くい行かない…こんな私でも勝てるんでしょうか?

まず、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買が難しいと言われている理由。

知っていますか?

「分析するところが多い」
「リスクリワードのバランス」

この辺ではないかと思います。

たとえばスイングトレードの場合であれば長時間持つことを前提としているので4時間足のチャートだけ。

通貨ペアもたった一つだけでも十分利益を上げることができます。

しかし、スキャルピングやデイトレードの5分足で同じことをやると騙しに遭い思うように勝てない場合もあります。

だからこそ、5分足だけではなく長期足を見るとか相関を分析するなどをする必要があります。

また、短い時間のトレードになるため損切を浅くする必要があるのですが、中途半端なところで損切りすると損切貧乏になるし、

かといって、大きく耐えすぎるとリスクリワードが悪くなり高勝率でも勝てないという状態に陥ります。

つまり、バランスの良いリスクリワードを維持することがポイントになります。

ここを何とかできないと短期トレードはなかなか勝てないと思いますけどそれさえできればカンタンに勝てるようになります。

そこで、今回の億スキャFXにはこれらが視覚的に実践できるようなシステムが提供されているのです。

ですので、たとえあなたがスキャルピング初心者でも実践可能なロジックと言えるでしょう。

まあ、慣れるとローソク足と移動平均線だけで充分なのですが、最初の頃は補助ツールというのはやはり重要です。

そんな、補助ツールも提供されています。

では、億スキャFXとはどんだけ簡単なロジックなのだろうか?

ロジック自体は小学3年生でも理解できるレベルです(笑)

この通りです。

MT4のチャート上にシステムを入れるのですが、

・赤が出れば買い
・青が出れば売り
・黄色は見送り

これだけです。

簡単すぎて唖然としてしまいますよね。

王道のトレードロジックとして有名なのが、

移動平均線のパーフェクトオーダーというものがあります。

複数の移動平均線を表示させてその序列が揃ったときにトレンドが発生したと認識します。

それを視覚的にわかりやすく赤、青、黄のサインで判断することができるのがこのシステム。

さらにダマしを回避するために重要なのがこのマルチスタイムコープというツール。

5分足の移動平均線で買いだと思っても、1時間では売りだったりすると騙しに遭うリスクも高くなります。

そのため上位足の移動平均線の方向がすべて一致したときにエントリーすると高勝率になる。

それを簡単に判断することができるので初心者さんならこれは持っていて損はないでしょう。

つまり、あなたがやることは超過カンタン。

1.マルチタイムスコープの色を判断
2.エントリー

ただこれだけ。

移動平均線のパーフェクトオーダーを視覚的にわかりやすくしているのがこのシステムなのです。

あとは、機械的に淡々と続けていけばよいだけです。

本当にこんなにカンタンなのか?実際に億スキャFXのシステムを使ってみた感想。

こちらはある金曜日のニューヨーク市場。

GBPUSDの買いエントリーです。

赤色がすべてそろったときにエントリー、こちらは別売りのサインツールですが、

結構いいところでサイン出してくるな~と思いました。

で、黄色になったところで決済で+17pipsぐらい利食いしてます。

なので、FX初心者のかたはこの色がすべてそろったときにとサインを組み合わせたやり方はいいかなと思います。

しかし、所詮はインジケーターのサインツールなのでサインだったりマルチタイムスコープのルールだけでは負けるパターンがあります。

なので、あくまでもサインだったり、億スキャFXのルールだけだと勝率は安定しないだろうとは思いました。

それこそ、クロスリテイリングの社員さんが片手間で稼いだというのはかなり盛ってると思う。

けど、トレンドの初動を捕まえてしまえば使えるツールだと思います。

そして、トレンドの終焉や崩れを気を付けることさえできれば全然勝てるツールだと思います。

まあ、なんでもそーですがFXのツールなんてもんはどうやって使うかが重要であり矢印通りで勝てるほど甘いもんではないです。

損切りってFXの世界では非常に重要なポイントになります。

これができなければ勝てません。

億スキャFXのロジックだとマルチタイムスコープの色の変化で損切りや利食いを決めます。

とても簡単でいいな~とは思います。

デイトレード、スキャルピング初心者さんには非常に良いツールだな~と思いました。

僕が超初心者だったらこういうツールに出会いたかったと思ったかもしれません。

しかし、先ほども述べたようにシステムだけだと勝率は安定しにくいです。

そこで、裁量判断についても解説されています。

こちらも、トレンドラインの引き方、水平線の引き方、押し目買い、戻り売りなどです。

この裁量を身に着ければスキャルピングやデイトレードをやるうえでは間違いなく強い武器になるはずです。

さて、当サイトの特典ですが…

億スキャFXの中ではあまり解説されていなかった大事なこと。

そして、僕が普段使うトレードロジックをシンプルにまとめたモノを特典にしてみました。

当サイトオリジナル特典 邪道的FX倶楽部×億スキャFX

■ マルイチタイム移動平均線×億スキャを設定しよう!

僕はデイトレ大百科の天才チャートをベースとしたトレードをしています。そのため、億スキャFXとは別な移動平均線を使用します。その設定方法についてお話しします。

■ マルイチタイム移動平均線×億スキャを設定しよう!

マルチタイムフレーム移動平均線と億スキャFXを掛け合わせたシンプルなロジック。デイトレやスキャルピングの基本は同じだとは思いますが、せっかくなら両方使ってみましょう。

■ なぜ僕はポンドをメインとするのか?

僕はFXトレードを行うときはGBPUSD、GBPJPY、GBPAUDの3通貨ペアしかトレードしません。何故なら、これらはボラティリティが非常に丁度良いからです。合理的に稼ぐうえでやはり一定のボラがある通貨ペアのほうが短時間で決着を付けられます。スキャルピングをやるというのであれば、数分で数十pips抜くぐらいの技術を身につけましょう。

■ FXは24時間営業だけど…通貨ペアと時間帯で値動きが全く違う話

僕のトレード記録をご覧になられている方ならわかると思いますが、一定の時間しかトレードしていません。特に順張りなら動く通貨ペアと動く時間帯を狙わないと厳しいでしょう。そこで、僕がどの時間帯がおすすめか解説します。

■ FXで安定して勝つために結構重要!トレードをする日時を決めること

僕の先生は月末はトレードしません。そして、金曜日のニューヨーク市場もトレードしないことが多いようです。また、知人は10月以降はトレードしません。このようにトレーダーはあえてトレードを避ける日時があるのです。なぜ、毎日やるべきではないのか?そんなお話しをしたいと思います。

■ 相関逆相関のロジック!通貨ペア単体ではなくパワーバランスを分析しろ!

億スキャFXでもったいないな~と思ったところの一つで、たった一つの通貨ペアしか見ない…そうではなく、どの通貨が強く、どの通貨が弱いのか?パワーバランスを分析することでテクニカルの精度が上がります。特にスキャルパーやデイトレーダーはこれをやるだけで勝てなかった意味が分からなくなるぐらいになるでしょう。

■ 勝率9割超?レンジブレイクの抜けの戻り押し目のエントリー手法

僕が普段から天才チャートで使用している手法ですが基本的にローソク足のプライスアクションから判断するものですのでもちろん億スキャFXでも実践可能です。ぶっちゃけこれだけやっていれば資産はコンスタントに増えていくはずです。初心者さんはこれだけやれば十分だと思います。

■ 反発される確率が高い水平線の引き方とは?

水平線はただ単に引きまくればよいというものでもありません。あるポイントを抑えて水平線を引くと非常に反転の確率が高くなります。これについて詳しくお話しします。

■ 相場の方向性を観ろ!山谷、うねりを分析することの重要性

相場の方向性さえ合っていればある程度含み損を耐えてでも、ナンピンを行ってでもトレードする価値はあります。しかし、何を基準に相場の方向性を判断するのか?というのはとても重要なポイントです。そこで僕が普段から行っている山、谷、うねりの判断の仕方をお話しします。

■ トレンド相場だけではない!レンジ相場を攻略する逆張り手法

億スキャFXはトレンドフォローの順張り手法がメインですが、逆張りスキャルピングができるようになると非常に便利です。動きの少ない相場でも細かい利益を積み上げる方法についてお伝えします。

■ 僕が使うマルチタイムフレーム移動平均線を億スキャFXと融合する方法

僕は天才チャートをいつも使っていますが、カクカクのマルチタイムフレーム移動平均線を好んでいます。億スキャのロジックにこのある手法を組みわせると結構な破壊力があるのでこのロジックを特別にお教えします。

■ ナンピンは使いこなせば必殺技になる!その使い方について

僕は普段のトレード日記でナンピンをしまくってますよね。しかしトータルでみると楽勝で月間プラス収支にすることができています。ナンピンがダメだというよりもいかにして使うかが重要です。包丁も使いかたを間違えれば手を切りますが正しい使いかたをすればいい武器になりますよね。これと同じです。

■ ツールに頼るな!チャートだけで損切り幅を決める方法とは?

最初のうちはマルチタイムスコープの色の変化で損切りをすればいいと思いますけど、さらに上を目指すならローソク足の形状から損切を判断したほうがいいです。それができるようになるとエントリーポイントによって損切幅を変えるなど汎用性の高いトレードができます。

■ 意味のある損切りだけをしろ!そのやり方を特別にお話しします。

この商材の難点は、ツールの色の変化だけで損切りするというものですので超初心者向けなところはあります。しかし、相場の本質を理解するとどこまで耐えてもいいか?ここでは切らなければいけないというのが理論的にわかるようになります。これを知ると勝率もリスクリワードもかなり良くなるはずです。

■ 勝率58%でも月間+300pips獲得した利大損小の技術について。

僕は今月11月の勝率はとても褒められるほど良いものではありませんでした。200回エントリーして勝率58%。しかし、利益は+300pipsは捕っているので悪くはないトレードはできているかなと。スキャルピングやデイトレードでも勝率がそこまで高くはなくてもこれだけの利食いができるのは利大損小のトレードができているからです。そのやり方をお話しします。

■ 勝率ばかり意識するのはダメ!勝率至上主義では勝てない理由とは?

例えば勝率9割でもリスクリワードがダメダメだと一回の損切りで利益のすべて、それ以上を吹っ飛ばすことになります。実際そーいうEA多いですよね(汗)正直スキャルピングでも勝率なんて5割あれば勝てますし、6割あればそれなりの利益をとることができます。高い勝率を維持するよりも切るところでは切る。伸ばすところを伸ばす。ということを頭に入れてトレードすべきです。その方法についてお話しします。

■ 僕が考える資産を増やすうえで合理的な資金管理について。

資金に対して1回のトレードでリスク(損失)〇%に対して利益〇%を計算してトレードすることはかなり重要なことです。小さい資金でやるならリスクを抑えすぎると資産は増えにくいですし、大きくすると破綻しやすくなります。なので、どういう運用方法でやればいいのか?参考までにお話ししたいと思います。

■ FXは確率論!少ない検証回数で一喜一憂するのはダメ!効果的な検証方法について。

FXをほんの少しやって結果が出なかっただけで憂鬱になる人がいますけどそれは意味がないです。場合によっては100エントリーしても上下してて資産はそんなに増えない場合もあります。しかし、そのあとの100エントリーで爆発的に増えることもあります。ですので、優位性の高いロジックでも一定以上の数を検証しないと始まらないのです。そこで、FXで勝つ為にまずどのような検証をするれば良いか?そんなお話しをしたいと思います。

■ 利食いポイントと損切ポイントからエントリーを考える方法とは?

例えばこれはマルチタイムスコープ通りだと12pipsぐらいで利食いになるのですが僕は20pipsぐいらいとったところで利食いしています。なぜそのようなことができるか?というと利食いポイントと損切ポイントをあらかじめ把握してからエントリーしているからです。これができるともっと合理的なトレードができます。

■ pipsを伸ばせない?チキン利食いでも勝ち続けられる理論についてお話します。

僕もどっちかとえいばチキン利食いです。大きく取っても1本20~30pipsぐらいです。平均だと15pipsぐらいでしょうかね。少ないとほんの数Pipsで終わることもよくあります。しかし、これでも全然コツコツドカーンを起こさずに利益を積み上げられる理由があるのです。もし、どうしても利益を伸ばせない人は是非参考にしてもらえると良いかと思います。

以上、これらのノウハウをPDFにまとめました。

特にこれからスキャルピングやデイトレードを始める方、実践しているけど勝てない方は是非参考にしていただけると良いのではないかと思います。

■ 邪道的FXメールマガジン

特典教材についての質問の回答やブログで投稿している天才チャートのエントリーパターンをもっと詳しく解説したものをメールマガジンで配布するつもりです。なので、これは非常にお得なのではないかなと思います。

>>億スキャFXの詳細はこちらをクリック!<<

「手島からの特典」と記載されてあることを確認してください。

これがない状態で購入されても特典は配布できませんので必ずご確認お願いいたします。

購入されたらこちらから特典の申請を行ってください。

⇒ 特典申請フォーム

情報商材というと内容がブラックボックスな反面不安なのはよくわかります。

けれども、今回は勇気を出して決断しましょう♪

何かあれば購入前、購入後も僕のところに相談してくださいね^^

この一歩を踏み出せば新しい世界が見えてくるかもしれません。

⇒ 手島への連絡はこちらへ

それでは、邪道的FX倶楽部でお待ちしております!

ではでは、手島でした^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です