及川圭哉 デイトレ大百科FX天才チャート検証 2020年1月23日 +35pips

どうも^^

手島です。

昨日のGBPの爆上げの影響で調整か?

欧州がポンコツ相場でしたね。

仕方なく、逆張りスキャルピングで細かい利益を捕ってましたけどw

ああいう、レンジはやりにくいですわ。

ニューヨーク市場

23:10~23:50

なんですかね。これ、ユーロがめっちゃ下げたので22:30のユーロの指標

さらにはドル円も下げてきたので22:30のドルの指標が影響しているのかなと思いました。

とりあえずクロス円が爆下げ。

EURGBPとの逆相関は考えず、クロス円相関でGBPJPYをショートしました。

EURGBPの相関は怪しいので保有時間はあまり長く持たないことにしました。

円シリーズがすべて下落。

さらに、直近安値をぶち抜いて移動平均線の序列も完璧。

こーいうときは順張りトレードをやるとほぼ勝ちます。

テクニカル的な話をすれば、

直近がレンジ相場になっており、レンジの安値を完全にした抜けた戻りを売るといいんですよ。

僕も昔そーだったんですが単純に移動平均線が揃っているからといってレンジ抜けする前に戻り売りを仕掛けると、

レンジにハマって負けることがあるので抜けてから行くといいと思います。

そんな感じで珍しくニューヨークのトレードをしました。

ちなみに、今回のケースはGBPUSDやGBPAUDは対象外です。

なぜならクロス円相関でのエントリーだからです。

GBPUSDを売るならEURGBPが上がってないとまずいわけです。

しかし、今回はEUR下落なのでどちらかといえば下げていた。

しかも、ドル円が爆下げ状態なので逆側のポンドルは下げにくくなると思う。

GBPAUDに関しては逆側のAUDUSD、AUDJPYが暴落していたので売れないわけです。

つまり、今回ポンドをやるとしたらGBPJPYしか選択肢はないと思いました。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です