FXの勝率が低い?悪い?5割、6割あれば十分!それよりもこれが出来ないと撤退するぞ!

どうも^^

手島です。

FXで勝率を気にする方がいるんですが、

僕は一切気にしていません。

実際、オマエの勝率どんなもんだよ!と聞いてくる人がいるとすれば、

「5~7割程度だよ!」と答えておきます。

なぜ、このように差があるかといえば、手法やその月の調子によって違うからです。

例えば、数分しか保有しないスキャルピングの勝率ならどうしても高くなる。

一方である程度伸ばすような数時間の保有だと勝率は良くもなれば悪くもなる。

で、僕は勝率至上主義というのはあまりいいことではないと思ってるんです。

FXで勝ち続けるためには勝率よりももっと大事なことがある。

今日はそれについてお話ししたいと思います。

勝率9割以上を自慢する奴らがSNS大量発生しているが翻弄されるな!

1.勝率9割以上はすごいのか?

勝率9割出せるといわれるとすごいと思いませんか?

いや、普通にすごいでしょ?

と思ってしまうのはFX初心者の領域をまだ抜け出せていないかと思います。

確かに勝率はFXで成績を上げる要素の一つではありますがそれがすべてではない。

そして、最悪それをあきらめても利益というのは普通に積みあがっていくものです。

リスクリワードのバランスを維持し、トレード回数を多くこなすことで安全に利益を積み上げられます。

逆に、リスクリワードのバランスが悪けりゃいくら9割以上の勝率でもどこかで破綻するでしょう。

2.勝率9割出す裏側にあるものを見ろ

単純に勝率9割出せるからすごいと思うのではなく、

何故、その勝率を出せているのかを考えるほうが重要なのです。

例えばの話、

利食い+3pips、損切-100pipsであれば勝率9割以上出すのはさほど難しくはないです。

もちろん、エントリーポイントは選ぶ必要はありますが利食いの10倍以上損切をするならそんなに難しくもないのです。

なぜなら、方向性さえあっていればストップロスがその分広ければ戻ってくる確率が高いから。

さらに、薄利しか捕らないのでどうしても勝率は上がります。

けどね、1回損切をしてしまったらそれを回収するのに10倍以上の労力をかけないといけない。

不運にもこれが二連敗続いたら大ダメージ。

ワンパン、ツーパンで終わる。

勝率自体は高いけど防御力がほぼないようなトレードスタイルになります。

そんなことあるのか?

相場の世界ではイレギュラーなことは多々あります。

3.勝率至上主義は危険だと思え

正直僕あは勝率はどーでもいいとまではいいませんがそこまで重要ではないと思っています。

勝率5割~6割あれば普通に儲かるのがFXですからね。

勝率が低くても利益が積みあがるということは防御力が高いということなのでこれはある意味正しいのです。

逆に、攻めるだけせめて防御がほとんどない状態で長持ちするかを考えていただければと思います。

もちろん、リスクを取ってトレードしたほうがいいというパターンもありますけど常時それをやるのは危険。

切るところでは切る。伸ばすところは伸ばす。このメリハリができないと難しいかなと。

逆にこれができないのに勝率が高いだけのトレードは城壁の崩れやすいやり方の可能性が高い。

それよりもFXにはもっと重要なことがあるということは頭に入れておくべきです。

では、高勝率のトレードは悪なのだろうか?

1.勝率が高いということ自体は問題ない

勝率が高いからダメだということはないです。

逆に高勝率なトレードはある意味素晴らしいことだと思っています。

しかし、負けないという概念はトレードにおいてはあり得ない話なので損切は必須になるわけです。

その1回の損切で利食いの何倍、何十倍も切るのではコスパが悪いから意味がないということです。

何故なら、いくら勝率が高くても数回の損切で終わるので。

2.高勝率である程度の利食いができているなら

数pipsとって勝ち逃げするなら損切幅もその分浅くしなくてはいけないわけです。

それで、ある程度高勝率までもっていくことは不可能ではないと思います。

勝率とリスクリワードの兼ね合いの問題でありこのバランスが取れているなら利益は残るはずです。

リスクリワードが多少悪くてもその分勝率でカバーするとかなら全然オッケー。

しかし、先ほどの事例だとカバーできるほどのリスクリワードではないわけだから厳しいという話。

3.最終的に利益が残るトレードを考えるべき

なんのためにトレードをするのか?ということでもあるとは思います。

結局のところ、一時的に勝てても意味がないのです。

せっかく、トレーダーとしてやっていきたいと思うなら長生きできるトレーダーになったほうがいいとは思いませんか?

そういう意味でも適度に損切することは大事なのです。

もちろん、損切幅が狭いからなんでもいいというわけでもありませんが、

バランスの良い損切と利食いができていてなおかつある程度の勝率を維持できるならそれで充分なのです。

事実、撤退するほとんどの原因は損切が広すぎるコツコツドカーンですからね汗

目先の勝率を追い求めるよりも長期的な利益を積み上げろ!

さて、今日はFXの勝率至上主義はあまりよい考えではないというお話をしました。

確かに、勝率を高めることができる方法も存在はします。

それは。。。逆張りです!

けど、逆張りでも勝率を上げるなら捕れる利益はどうしても小さくなります。

それはそれでいいと思うのですが、

やってはいけないのは勝率を追うばかり、限度を超えた損切をしてしまうパターン。

薄利逃げするなら損切も大きくしてはいけないのです。

そーでないとコツコツドカーンになるのです。

なので、勝率がどれぐらいかなんてとりあえずどーでもいいとまではいいませんが、

おまけ程度でいいと思います。

それよりも、どういう戦略でやれば利益が残るかを考えてトレードするといいでしょう。

それをやると、やはり切らなければいけないところでは切りますからね。

意味のある損切をして、意味のある利食いをし続けていけばいずれ利益は積み上がります。

ではでは、手島でした^^

Bigbossクリスマスキャンペーン実施中!

Bigbossがトリプルキャンペーンを始めました!任金額が少なくても100%のボーナスがもらえる!例えば、10万円の入金で20万円の資金をで運用が可能なので成り上がりのチャンスです!少額トレードをされる方は是非この機会をご利用ください。

>>Bigbossクリスマスキャンペーンの詳細はこちらへ


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です