及川圭哉 デイトレ大百科FX天才チャート検証 2020年2月11日 欧州+21pips 

 

どうも^^

手島です。

欧州市場 16:10~17:10

今日はひげ相場になったのでテキトーなところで薄利逃げしました。

こんなの投稿しても仕方ないと思うのですが、

薄利逃げ、撤退のパターンとして投稿しておきます。

この後、直近安値の髭の先端ぐらいまでは伸びたので、

持っいれば+20pips以上は捕れたのですが、

まあ、いいです笑

結局、1時間以上も保有して勝負が決められなかったうえにレンジで苦しめられましたし、

そもそも、抜けの戻りで一気に下がるという想定は外れたので。

本来なら抜けた戻りの4時間MAファーストタッチで下げてくるかな~と見たんですが、

見事に裏切られた感じですw

こーいうときは一度振り出しに戻ってやり直すことを考えます。

一応、根拠は、

EURGBPは上げ。

GBP<EURとなるのでGBPは下げ目線。

ドル円はどちらかといえば上げ。

ならば、GBPUSDを下げ狙い。

4時間MAを抜けた戻りのところで入った感じですね。

ただ、不完全といえばGBPJPYは4時間MAで反転しています。

なので、きれいには下げないかな~というのはありますよね。

これで同時抜けでなおかつもう少しEURが強いならいいんですけどね。

そんな感じで今日は撤退のトレードでした。

あの後指標トレードで少しプラスを稼ぎました。

羊飼いのFXより

このイギリスの指標ですね。

18:30~18:45

ユロポンが下げましたので、

EUR<GBPとなります。

GBPUSD、GBPJPYが相関している。

GBPAUDも陽線なので相関といえば相関かな。

ドル円はレンジなので微妙。

どちらかもしくは両方入れておけば勝ちやすいパターンではないかと。

しかし、指標トレードをやるときは利食いポイントが結構大事かなと思います。

髭の先端を狙えばいいと思うのですが今回は結構拮抗しながら上げていたので、

できるだけ早く逃げたかった感じです。

ある程度利益が伸びたらSLも建値に移動させておきました。

大きく動いたら一気に戻すこともあるのでね。

また、髭の先端を抜けられず反転すると今度は下落目線も考えられますからね~

利食いポイントは大体よかったです。

この辺で動きが止まったので。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です