及川圭哉 デイトレ大百科FX天才チャート検証 2020年3月16日 欧州+115pips 

 

どうも^^

手島です。

欧州市場

16:00~16:50

最近、通貨ペア全体的にボラが大きくなっているので、

できるだけ短時間で決めようと思いましたけど少し苦戦しましたね汗

けど、1時間以内で勝つことができたので良かったです。

結果的にこの後さらに伸びたのですが、

ボラも大きくできるだけ早めに終わらせたかったのでいいのです。

根拠は、EURGBPが上げ。

僕がエントリーした段階ではここまで伸びてはいませんでしたが、

密集しているMAよりもレートが上だったのでどちらかといえば買い目線。

つまり、EUR>GBPとなるのでポンドは売り。

ドル円は下がると思ったらレンジになりましたので、

おそらくそれが原因で苦戦した感じですかね。

最終的にEURGBPが伸びてくれたので勝つことができた感じかなと。

調度シグナルが出たところ当たりの逆相関で入りました。

そのあとEURGBPがさらに上がってきましたのでまだいけると思って追撃。

ポン円はいいところで入れたのとドル円が下がってくれているから勝ちやすかったです。

しかし、ポンドルが足を引っ張ってこのような結果に。

ユロポンが崩れない限りは切らない損切はしないという根拠でリスクワードのバランスを崩しました。

けど、まあ、ボラが大きくなっていて方向性も明確な時はかなり稼ぎやすいのかなと思います。

おまけ

ネット上では今トレードすべきではないとかおっしゃる方がいますが、

これだけボラが出てて方向性が明確な時にトレードしないでいつやるの?

って、僕は思います笑

とある相場師の方も仰ってましたが、今がボーナスステージですからね。

下げたドル円が急激に上げてきましたが僕はまだ売り目線だと思っています。

これは、スイングトレードになります。

金曜日の深夜に仕込んでおいたものですが、

すでに+590pipsほど含み益です。

これ、ちょうどレンジ抜けの戻り売りの一発目じゃないですか。

直近のファンダ的な要因とこの形からしてあげてくるとは思えない。

半値戻しなので戻り売りを仕掛けてくるトレーダーも多いでしょうからね。

こーいうチャンスはスイングでも一気に勝負を賭けに行きます。

けど、まあ、先のことなのでどうなるかわからないので利食いは慎重にですね。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です