億スキャFXは勝てないロジック?トレード精度を高めるヒントについて。

 

どうも^^

手島です。

以前、FXのシグナルツールだけに依存すると勝てないとお話ししました。

↓ ↓ ↓

FXの矢印シグナルインジケーターやツールだけでは勝てない理由について。

2020年2月11日

結局のところ、シグナルだったりツールなんてもんはインジケーターが一定の値になったときに、

シグナルを出現させるだけのものなのでね。

もちろん、一定期間シグナルだけで勝つ場合もあります。

それは、地合いにマッチングしているにすぎず、ボラが大きく変われば通用しなくなったりね。

まあ、その中でも結構優位性の高いシグナルは存在しますが。。。

それでも、なぜ、そこでシグナルを出すのか?ということを知らないと難しいです。

さて、以前紹介した億スキャFXという情報商材

高橋良彰 億スキャFX ~絶対公式 TAKAHASHIメソッド 特典・検証・評判・レビュー

2019年11月30日

これを実践している人で勝てる人と勝てない人の決定的な違いって何でしょう。

今日はそれについてお話しします。

億スキャFXのロジックでは本当に勝てないのだろうか?

億スキャFXは本当に勝てないロジックなのだろうか?

まず、億スキャFXはトレンドフォローのロジックです。

トレンドが発生しているかどうかを移動平均線の状態から判断することは重要だと思います。

まあ、普通はそれをやるんですけどねw

ただ、初心者さんの場合はどうなっているとトレンドが発生しているのか?

という判断が難しいのかもしれません。

そーいう意味で、

この色が揃ったらトレンドが発生ていると判断できる億スキャFXは便利かな~。

と、思うわけです。

僕もとある別のロジックで3つの移動平均線の序列が揃った時にどうなるか?

実験してみましたらこの赤色がすべて揃ってました。

なので、トレンド発生を感知するという意味では有効なツールなんじゃないかと。

別売りにはなりますが、

赤色の丸が揃ったらシグナルが出るツールも販売されています。

で、

億スキャFXを実践されている人はこれが出ても勝てないという主張ですね。

もちろんですが、それが出れば必ず勝てるものではありません。

また、どーいう負け方をするのか?というところも考えないといけないと思いますけどね。

億スキャFXで負けるパターンを想定してみた。

1.ロジック通りにやると損切貧乏

億スキャFXのロジックは色が変わったらクローズするのです。

そのため、急激に戻されたときにクローズしなければいけない。

これで、少しずつ利益が削られるなんてことも考えられますね。

2.損切ができない

色が変わったら損切しましょう。というのであれば損切するのがルールです。

しかし、大きく負ける人というのはそこで損切ができないから負けてしまうのです。

3.FXの統計学を理解していない

FXは検証回数が最も重要だと思います。

なぜかといえば、

一定回数トレードしないと見えないものが多いからです。

1回、2回程度やって勝てないからやめるのでは意味がなく、

2000回ぐらいは検証する必要があります。

それで、どれぐらいの勝率、リスクリワードなど把握することは重要です。

億スキャFXにおけるトレードの精度の上げ方を少しだけ暴露

1.時間帯を絞る

FXは24時間営業ではありますが、朝、夕、夜では値動きが全く違うことは知っておいてください。

負ける人のパターンとしてはバラバラの時間帯にやってしまうこと。

1.朝なら朝の値動き
2.夕なら夕の値動き
3.夜なら夜の値動き

これに慣れる必要性があるので同じ時間帯しかトレードしないということは重要です。

特に、初めからいろいろな時間帯でやっていたら勝てるものも勝てなくなります。

FXは24時間取引可能だが?負けを削り短時間トレードを進める理由。

2020年1月13日

2.通貨ペアを絞る

僕は今ではいろいろな通貨ペアに手を出していますが、

最初はポンドしかやっていませんでした。

というのも、ポンドの値動きを理解する為です。

この時間のポンドはこーいう動きをするとか、

ここまでは伸びる、いや、この動きは伸びないだろうとか、

感覚を身に着けていくことがポイントです。

そのために、時間と通貨ペアを絞る。

もっといえば、時間によって主役となる通貨ペアも変わるのでその辺も把握する必要があります。

3.相関関係を見る

スイングトレードとか長期的な値動きを見るのであればこれを無視してもいいとは思います。

しかし、デイトレとかスキャルピングなど目先の利を捕りに行くようなトレードは、

相関関係などもしっかりとチェックしないと難しいと思います。

短期トレードが難しいと言われている理由の一つでもあります。

どれとどれが相関している、どれとどれが逆相関しているとかね。

相関ロジックにはまっている、テクニカルもオッケーだ、ならばエントリーする。

4.テイクプロフィットを設定する

億スキャのロジックをそのままやると色が変わったらクローズする形になりますね。

しかし、僕は指値と逆指値は設定します。

色が変わったときにクローズするメリットは利益を伸ばせるところまで伸ばせる。

しかし、デメリットは大きく戻されるリスクもある。

であれば、値動、感覚、テクニカルなどを駆使してここまでは伸びるだろうというところに、

指値を置いておけばいいと思うんです。

5.損失額を限定する

これは基本ですが、

なかなか初心者のうちは難しいのかな~と思うところもあります。

最近、僕はリスク2~5%のトレードをしています。

初心者さんは2~3%の損失をおすすめします。

要するに一回のトレードで負けた時の損失をどの程度に抑えるか?ということです。

ここを何も考えずに感情的にやるとすぐに資金を吹っ飛ばしますからね。

これだけは絶対に守ることをおすすめします。

逆にこの辺ができていれば億スキャFXのトレードの精度はかなり上がるはずです。

6.損切貧乏防止法

特典でお伝えしている話なので、詳しくは言えませんがw

色が変わったら損切。色が変わったら損切。

レンジになるとこーいうことは起こり得るんですよね。

だから、赤丸から黄丸になるだけではなく、なぜそこで損切りする必要性があるのか?

これ重要です。

耐えるべきところは耐える。切るべきところは切る。

これができないと損切貧乏になります。

億スキャFXに限らずトレードは目先の利益よりも長期的な利益を考えるべき。

はい、今日は億スキャFXで勝てないケースについて考えてみました。

FXのツールやテクニカルはもちろん重要です。

しかし、なぜそれを忠実に実践しても勝てない人が多くいるのか?

そのイチバン重要なポイントが、

損切りなのです。

どこで、利益を確定するのか?どこで損切りをするのか?

初めに決めるのです。

そして、決めたことは破らず守り通す。それだけなんですよね。

もし、これが損失の3%程度ならよほど優位性の悪いロジックでない限り負けないです。

ですので、まずはこーいうところなんです。

で、もう一つは。。。

ある程度は検証しましょうということなんです。

そりゃ、うまくなればなかなか3連敗とかしなくなりますが、

最初は下手なのでどうしても連敗することは多いです。

だから、一定回数の練習が必要になりますし、2000回も検証していけば、

1.プロフィット
2.ドローダウン
3.勝率

などなど、すべて把握することができます。

そこまでできるようになると、1回の勝ち負けで一喜一憂しなくなります。

最初のうちに一喜一憂して嫌になって途中で辞めるのは結局検証をそこまでしていないということでもあるのです。

ちゃんと検証すれば答えは出ますんで。

ですので、億スキャに限らずFXをやるなら検証は必須ということです。

ではでは、手島でした^^

↓ ↓ ↓

億スキャFX特典付きでレビューしています。

高橋良彰 億スキャFX ~絶対公式 TAKAHASHIメソッド 特典・検証・評判・レビュー

2019年11月30日

当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です