FXトレードで損切りができない!できなくなる原因と対策について。

 

どうも^^

手島です。

僕がFXにおいて重視しているのは、

1.資金管理
2.損切り

この二つです。

要するに守りの部分ですね。

利益を捕りに行く行為は云わば攻撃の部類になります。

時間帯攻略、テクニカル、相関関係を紐解くというのも大事ではありますが、

守りができていないとやはり最終的に利益を残すのは難しいと思うのです。

ですので、僕は未だにこの二つはしっかりと考えます。

特に、海外のハイレバ業者を使い、デイトレ、スキャルなどの

短時間トレードであれば尚のことこれができないとダメ。

何もしなければあっという間に含み損が大きくなりますからね。

で、気が付いた時には取り返しがつかなくなっている。。。

なんてことはありませんでしょうか?

メンタル面、資金面を守るためにも損切りというのは徹底しなければいけないのですよね。

しかし、決めたのだけどどうしても損切りができないとか、

初めはできたんだけどできなくなったとかそんな人は多いのではないかと思います。

そこで、今回はFXトレードで損切りができない理由やできなくなる

原因についてお話ししていきたいと思います。

それでは行きましょう!

FXトレードで損切りができない原因とできなくなる理由について。

1.自分のお金を失いたくない心理

損切りを予定していた箇所にレートが来てもストップを動かしてしまう理由は、

一回損切りしてしまったらその分のお金を失ってしまいます。

それが嫌だ、認められないと考えてしまうから損切りすることができなく

なってくるのではないでしょうか?

2.損切りしなければいつか戻ってくるという期待

確かに相場の原理原則から考えれば上がったり下がったり波を描きながら動くものです。

そのため、踏まれたり、担がれたりしてもいつか戻ってくるという可能性はあります。

じゃあ、聞きますけど、

「いつ戻ってくるんですかね?」
「その間どれだけの含み損を抱えるんですかね?」

ということなんですよね。

コレが不透明で損切をしないから最終的に強制ロスカットなど大きな損切をせざるを得ないのです。

3.得たお金を失いたくないから損切り出来なくなる

最初は勝ていてコツコツ利益を積み上げていたのですが、

ある時から損切りができなくなるというパターンってありませんか?

これは保有効果とか現状維持バイアスとか言われているのですが、

現在の状態を手放したくない。一度得た利益を手放したくないという人間の心理です。

僕もそーだったんですが、

利益を積み上げていくと減らしたくないから損切りしたくなくなることがあるんですよね。

これは、最初は損切りができていてもできなくなる人の典型パターンだと思います。

4.含み益⇒含み損で諦められなくなる

これもよくあるパターンだと思うんですよね。

ポジったら含み益になりまだ伸ばそうと思ったら、逆行されて含み損になってしまった。

「いやいやいや、さっき含み益だったのにここで諦められるかよ!」

「もう一回ぐらい含み益になるだろ!」

と、思ってまた含み益に戻るまでは諦められなくなってしまうのです。

これも結構なドローダウンの原因になるんじゃないかなと思います。

FXトレードで損切りができるようになる対策とは?

1.自分のお金を失いたくないときはどうする?

FXは投機、投資というカテゴリーに位置するものなので

少なからずリスクをとらないといけないわけです。

代償なき勝利はありませんからね(笑)

なので、考え方としては広告ビジネスと同じで腹を決めるということが大切なのです。

エントリーする前に、いくら損切りをしていいのか?

自分の財布と相談してその金額になったら損切りするということです。

これが出来なければ始まりもしませんからまずは腹を決められるようになりましょう。

・スクラッチトレードで訓練しましょう。

スクラッチトレードって何かといえば、損切りできない人の訓練法で、

少額でトレードするんですが、エントリーしたら損益がプラスマイナスゼロになったらすぐ決済、

もしくはマイナスに走ったらすぐ決済。

取り合えず1万円とかで0.01Lotsで行います。

1万円をトレーニング代と思ってガンガンやりましょう。

1万円使い切る頃には損切なんてどーでもよくなってきます。

あとは、リアルマネーで反射的に切れるようになっているはずです。

まあ、自分のお金をうまく失うための訓練法ってやつですわ。

2.損切りしなければいつか戻ってくるという期待はできない理由

先ほどの話の続きですが、

「いつ戻ってくるんですかね?」
「その間どれだけの含み損を抱えるんですかね?」

ということなんですが、

いつ戻るかわからない、

どれだけ含み損を抱えるかわからないものに期待する時点で

間違えているということを覚えておきましょう。

FXトレードで重要なのは決めたことをやるわけなので、

都合が悪くなったからやっぱり損切りしませんとかしている時点で

もう終わっていると思ってください。

損切りをしないならば最初から損切をしないなりのロット管理などを

しなければいけないので。

途中から変更するのは無し。

ただ、厄介なのはそれでうまくいくこともあるからそれに期待してしまうのでしょうが、

ここは機械的に切るという作業が重要になります。

それが後程あなたの資産を助けてくれます。

それに、いつ戻ってくるかわからないならば一度損切りしてしまい、

また、方向が分かってから入りなおすほうが楽だと思いませんか?

3.得たお金を失いたくないから損切り出来なくなるなら。

これは途中から損切り出来なくなるパターンですが、

せっかく稼いだ利益を失いたくないということなんでしょうが、FXトレードは長い戦いです。

それこそ、一生FXをやっていくと決めたのであれば

一時的な利益を削ったところでどーにもならないし、

むしろ、たった1回の損切しないという行為で得た利益どころか元本割れ

させてしまったら意味がないです。

優位性の高いトレードができているのであればコツコツ損切りしていても

最終的に利益をもたらせてくれるはずなのです。

なので、この辺は気にしないほうが勝ちです。

4.含み益⇒含み損で諦められなくなるならば建値ストップを使えばいい。

これもよくあるパターンです。

どれだけ含み益になったら諦められなくなるかは人によると思いますが、

建値決済とか建値ストップを使えばいいと思います。

FXの建値決済と建値ストップと分割決済のやり方について解説します。

2020年1月15日

要するにある程度利益が乗ってきたら

建値もしくは建値より少しプラスの位置にストップロスを置いておく。

こうすることで仮にもとに戻されたとしても一度プラスの段階で決済するので

ノーダメージですよね。これなら大分メンタル面も楽になると思います。

僕もストップロスを思いっきり広げるときは建値ストップを使ったりします。

終わりに

さて、今回はFXをやっていて損切りできないとか、

出来なくなったパターンと対策についてお話ししました。

これらは、僕がFXを始めて損切り出来なかったときのパターンを説明してみました。

それをここにある対策通りにやったら普通に損切りができるようになりました。

やはり、FXは損切りで始まり損切りで終わるものだと思います。

コツコツドカンで得た利益をすべて飛ばしてしまうというのもありますけど、

これも結局は損切りができないことにあります。

確かに損切りしなければ一時的な利益は積み上がるかもしれませんが、

長い目線で見た時にほぼ確実に証拠金をすべて飛ばすでしょう。

何故なら、FXトレードで100%の勝率を出し続けることなんて不可能なのですからね。

強制ロスカットを食らうのではなくこまめに損切を行い同時に利益も積み上げていく。

これが、本来あるべきトレードの姿でしょう。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です