FXの大損や大負けが怖い?損失を軽くする基本的な考え方を解説。

 

どうも^^

手島です。

ネットを徘徊していると、

「FXで大負けしている動画」
「コツコツドカンを起こしている人」
「損切がとてつもなくでかい人」

など、うまくいっていない人のYoutubeやブログをよく見かけます。

その一方で、

「毎月コンスタントに利益を上げている人」
「損失が軽く簡単にリカバリーしている人」
「大損はほとんどしていない人」

この違いは何なのでしょうか?

FXは簡単に勝てるとはいいません。

僕も負ける日は普通にありますし、苦戦だってします。

けれども、最終的にはリカバリーして何事もなかったようにできるのも、

損失を軽くすることを意識しているというのもあるかもしれません。

そこで、今回はFXをやったけど、

大損してしまった!損失が怖い!大負けしたくない!

という人のために基礎的な考え方をお話ししたいと思います。

それでは行きましょう!

リスクリワードを整えれば大損することがなくなるはず。

トレードロジックを見直しましょうと書かれた記事も見受けることがありますが、それ以前にリスク管理だとか資金管理です。

これが出来ていなければいくらロジックが良くても壊滅的なドローダウンを被るはずです。それだけ資金管理は重要なのです。

1.FXの基礎はリスクリワード

大損している人の多くは、リスクリワードができていない可能性が高いと思えます。

「損切をしない」
「損切幅が異常に広い」
「利益と損失のバランスが悪すぎる」

こーいうパターンは常に高い勝率を維持し続けられなければ、

一回、二回のドローダウンで壊滅的な損失を被ることになるかと思います。

一時の爆益も一瞬で大損してすべてを失う典型的なパターンです。

それこそ、大きな損切りが怖いならリスクリワードを徹底して見直すのがポイントです。

ちなみに、こちらで損切りをしないとまずい理由をお話ししていますので

良かったらご覧ください。

デイトレードは損切しない?損切り目安・幅・ラインなどルールを決めよう。

2020年5月18日

スキャルピングで損切りしないのは最悪!ライン・幅・目安などルールを決めよう!

2020年5月17日

2.エントリーが早すぎる

リスクリワードについてはわかっているつもりだけれどもエントリーが早い人。

昔の僕もそんな感じだったんですが(笑)

当たり前ですが、

損切り(ストップロス)に極力近づけてから入るほうが損失額は軽くなります。

また、そのほうが引き付けた分の利益を捕りに行けるので最終的にこっちのほうが楽です。

例えばこれ。

僕が本日行ったエントリーなのですが白丸のところでエントリーするのと、

赤丸のところでエントリーするのはどっちが損失額が少なく済むか?

青色の移動平均線の下で損切りするとしても倍ぐらいの差があります。

それを考えてもまずは、

ギリギリのところまで引き付けてからエントリー

するほうがいいのです。

よく、「俺が入ると逆に行かれるんですよ!」とかいう人がいますけど、

そーいう人に限ってエントリーする場所が早すぎることが多いです。

それこそ、含み損を大きく抱えたくないなら引き付けられる場所まで待つ

ことがポイントです。

これをやるだけでも損切り額は大きく減りますし、獲得pipsも大きく捕れます。

3.自棄を起こしてナンピンをしてませんか?

特に負けが続く、含み損が大きくなるとメンタルが壊れてしまい、

何も考えずにガンガンポジションを入れてしまう人もいるかもしれません。

特に、エントリーポイントから損切りの幅が大きいのにも関わらずこれを

やるときついです。

例えば、エントリーした位置から損切の位置まで40pipsも離れています。

それで、ポジションを10個も入れます。

どこでポジるかにもよりますが損失額はとてつもなく大きくなりますよね?

なので、これは大損を食らうリスクが非常に高いことです。

4.トレード予算を決めておく

恐ろしいほどに損失額が多くなる人はおそらくですが

トレードの予算を決めていないのです。

1トレードの損失額を証拠金の何パーセントにするか?

というのを決める必要があるのです。

例えば、1%に抑えておけば100回のチャンスがあるわけです。

それをやれば爆損することはなくなるでしょう。

詳しくはこちらでお話ししていますので良かったらご覧ください。

FXの合理的な損切りのタイミング・幅・ラインの基準について思うこと。

2020年4月8日

5.なぜこのようなリスク管理の徹底が重要なのか?

FXは結局のところ、統計学であり確率論でもあるのです。

頑張れば勝率は上がりますけど、絶対勝つことは無理なわけです。

であれば、負けるときに損失を軽くし、

勝つときに損失を大きくすることを心掛けると大損はしにくくなるのではないかと。

よく言われているのは勝率5割と考えてトレードしましょう。

だから、リスクリワード=2:1にすれば普通に儲かりますよって話です。

しかし、毎回このようにリスクリワードをきれいに整えることはなかなか難しい。

ですから、ストップを広げても勝てるようなところでは多少リスクを取り、

通常は基本通りのトレードをするなど状況に応じて

この辺は崩したり整えたりしていくことがポイントなのではないかと思います。

参考までに僕はそれで平均して、勝率60~70%でリスクリワード1:1とかです。

ただ、リスクリワードを意識しているからこそ壊滅的な損失を起こしにくいわけです。

6.目先の利益を追い求めると変なトレードをしがちになる。

目先の利益ばかり追い求めていると、

都合が悪いから損切りしない、ナンピンする、焦って変なことをしたり、エントリーポイントが早くなったり、優位性の低い場所でもエントリーします。

ですので、デイトレやスキャルピングも短期トレードとはいえ、

負ける日はあるので1週間でプラスにすることを目標とすればいいのです。

毎回勝つことは不可能なのでしっかりと損切りは行いましょう。

リスク管理ができてさらにトレード精度を上げるならロジックの見直しも検討してみる。

正直、FXで大損する理由はトレードロジックではなくリスク管理です。

もちろん、何回やっても10連敗してしまうとかなら、

トレードロジックがおかしい可能性はあります。

ただ、勝率5、6割でも十分勝てるのがFXなのでそれでも大損するなら

やっぱり資金管理でしょう。

で、資金管理の次に大事なトレードロジックのお話をしたいと思います。

1.優位性の高いトレードができているか?

自分が普段から行っている

トレードの中で一番勝てるエントリーロジック

というものがあるかと思います。

しっかりと根拠が重なっており非常に優位性の高いと思われるトレードができているか?

何時間もトレードを行うと集中力が散漫になるので、

だんだんテキトーになってきたりします。

順張りだろうが逆張りだろうがいつも行っているトレードができているかを

確認することをおすすめします。

僕の場合は移動平均線パーフェクトオーダーの押し目買い戻り売りがほとんど。

それに合わせて通貨の強弱、相関関係、時間帯を見ています。

形的には移動平均線の中をローソク足がぐちゃぐちゃいなっているレンジ状態は

極力避けるようにしています。

あくまでも移動平均線の上、下にレートがあるとき。

完全にトレンドができているときだけやります。

2.十分に検証を行ってからトレードする

いきなりFXをスタートして大損するのであれば一度でもトレードに戻って検証からスタートしましょう。

僕は1000回、2000回ぐらいは検証したほうがいいかなと思っているのは

それぐらいやると、大体自分の平均的な成績が分かってくるからです。

1.平均プロフィット
2.平均ドローダウン
3.平均勝率

これでしっかりとプラスになるなら自分のトレードが正しいということが分かります。

また、先ほどの話からもリスクリワードが安全圏の範疇なのか?

というのも確認できます。

ここで、デモ検証を行ってから初めてリアルトレードに挑めば、

いきなりスタートするよりもはるかにリスクを抑えられることでしょう。

終わりに

さて、この記事では

FXで損失を多くしてしまう人、大損してしまう人、大負けが怖い人

について書いてみました。

結局、大損じない、大負けしないために一番重要なことはやはり資金管理です。

どれだけ素晴らしい手法あるとしても資金管理がめちゃくちゃですと

最終的に生き残ることは難しいのかなと思います。

また、よくレバレッジが云々といいますが、

個人的にはレバレッジよりも損失額かなと思います。

どんだけ、

レバレッジが低かろうと損失額を大きくすれば遅かれ早かれ大損する

でしょうし、

海外のハイレバ業者でも損切幅を浅くすることを意識し、資金管理が徹底できているなら利益を出し続けている人もいます。

正直、レバレッジが低くても何百pipsとか耐えているのに、

数pipsしか利食いしない時点でリスクに対してのリワードが悪いので

儲からないでしょうし。

この辺りが出来ているのに対し、

勝率が思わしくないのとか連敗が続くのであればトレードロジックを見直しましょう。

優位性の高いエントリーポイントだけを厳選していけばトータルではプラスになるはずです。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です