及川圭哉 デイトレ大百科FX天才チャート検証 2020年5月27日 欧州+60pips 

 

どうも^^

手島です。

昨日のポンドは一方通行の相場でなかなか乗り場がなくトレードできませんでした(汗)

僕はああいう相場は飛び乗りをするか、諦めるかですねw

深夜にEURAUDを+15pipsぐらい捕ったんですがテキトーなトレードなので解説は端折りました。

さて、今日は欧州の前半でしっかりと利食いました。

欧州市場 15:50~16:20

欧州前半でまだトレンドが整っていない段階です。

鉄板を狙うならこーいうときはあまりやるべきではないかなとは思います。

しかし、イチかバチかの賭けの要素もありますが、うまくいけばトレンドの初動を捕れる。

しかも、ストップロスがものすごく狭い位置で入れるので失敗したとしても大した損切をしない。

なので、15時台でも初動の形に出会うことが出来たらポジることはあります。

まず、欧州市場なので主役となる通貨はユーロとポンドです。

これをメインに分析を行っていきます。

EURGBPは押し目買いの形をしているのでパワーバランスは、

EUR>GBPだろうと判断できます。

その他のEURが全般的に上げではありませんでいたが、

GBPUSD、GBPJPY、GBPAUDのポンド三兄弟がすべて下げだったのでポンドは弱い。

このように判断できるでしょう。

ドル円はこのようにレンジ。

下抜けしそうなときに利食いましたがまだボックスを抜けていない。

つまりは、GBPJPY、GBPUSDのどちらでもオッケーかなと判断できます。

ポン円は1時間MAあたりで入ったので損切は極めて薄いところ。

ポンドルは少し早めに入っていますが、

それでも十分ストップまで浅いのと直近の水平線を下抜けした戻りなのでいいかな。

と思って入りました。

非常に簡単に決まったパターンですね。

この後のもう一回の戻り売りを狙うのもありだと思いますがレンジになりましたね。

ちなみに、このチャートは天才チャート改ではないです。

天才チャートにマジカルチャートのバーと時間だけ表示させたものです。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です