及川圭哉 デイトレ大百科FX天才チャート検証 2020年6月1日 欧州+40pips 

 

どうも^^

手島です。

欧州市場 16:30~16:55

今日は初動で入って簡単に決まったパターンでした。

EURGBPが戻り売りなので、

力関係はEUR<GBPとなります。

また、この段階ではほかのEURJPY、EURUSDも下落なのでユーロは弱いと判断することもできます。

で、GBPUSD、GBPJPYは押し目買いの形。

僕がみたときはドル円はレンジでした。

で、GBPJPYのほうがストップロスまで軽かったので2ポジ。

GBPUSDは少しストップロスまで遠かったため1ポジにしました。

しかし、このようにUSDJPYが下げてきたことでポンドルが上げ、

ポン円は拮抗って感じになりましたね。

ポン円はもう少し持っていれば上げていたんですが、

まあ、仕方ないw

それ以前にレンジだったので戻されるのも嫌だからテキトーにいい具合になったら利食い。

ポンドルも同じく伸びたのですが利食いました。

で、この後17時に入ったら一気に下げてきましたので正解といえば正解ですね。

やはり思うのが16時で入ったなら17時のトレンドは気を付けたほうがいいかと。

僕の経験上の話ですけどね。

今回の場合は指標だと思いますが、大きく動きそうもない指標でした。

で、17時のトレンドで方向が明確になったらそれに乗る。

そんな感じで臨機応変にはやりますが1時間毎で利食うのが鉄板かなと。

もちろん、17時挟んでそのまま伸びることも多いですがそれなら一度終わって、

トレンドの方向が分かったら再度、押し目、戻しに乗るほうがリスクは低いと思うわけです。

18時とか19時は指標などを除いてはあまり逆行される感じはしません。

もちろん、絶対ではありませんけどね。

だから、最近は15時、16時はその時間に終えることが多いですが、

18時、19時は比較的持ち越しますかね。

ではでは、手島でした^^

 


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 
 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です