及川圭哉 デイトレ大百科FX天才チャート検証 2020年6月12日 欧州+30pips・NY+22pips

 

どうも^^

手島です。

今日はなんだかんだスキャルピングが多かったトレードでした。

欧州市場

16:25~16:50

16時の前半は逆張りスキャルで軽く捕りました。

15時の指標で一気に下げてからの戻り。

しかし、この頃はポンドもユーロもレンジ気味でしたね。

ですんで、こーいうときは逆張りかなと思います。

逆張りは水平線を抜けたところで損切りするのがおすすめです。

ただ、瞬間的に上げて髭を残して下げるケースもあるので、

僕は直近高値髭の先端よりも数pips上にストップロスを置いておきます。

で、損失額の範囲内でポジションを追加していく。

次に、直近の高値を越えてからの押し目で入りました。

こちらは順張り。

僕がレンジからトレンド転換と判断するポイントは、

直近高値を抜けているかどうか?

今回はしっかりと抜けたので戻ったところでロングだなと判断しました。

ここからさらに伸びたので次の押し目を狙おうと思ったらレンジになりましたから、

欧州はこれで終わりですかね。

EURGBPはこんな感じ。

17時後半から一気に戻してきましたが、

16時台はレンジ、どちらかといえば下げなので、

相関逆相関のロジックが完全にはまっていると言えます。

今日のドル円はレンジで力もなさそうな感じでしたので、

GBPUSD、GBPJPYのどちらでもよかったのですが、

程よいボラと、テクニカル的なタイミングをみればポン円のほうがありかなと。

おまけ

NY市場

22:00~22:05

金曜日のNYなのでおすすめはしませんが、

EURGBPが上げてきた。

USDJPYはレンジ

同時にGBPUSDが前日安値を下抜けした瞬間に飛び乗りスキャル。

飛び乗りをする場合は勢いよく伸びなければ薄利逃げすることが多いです。

しかし、この日のNYは値動きが緩いのでトレードにはあまり良くはないですね。

で、これもあまりいいトレードではありませんが、

0:00~0:15

閑散時間で下に行くエネルギーも少ないが、上に噴き上げるエネルギーもない。

それこそ、指標でもないとサポレジを超えてくるほどのエネルギーはないでしょう。

なので、時間をかければ順行することが多い。

そーいうときは、順張りで短時間決戦ということを前提にサクッとやることもあります。

ただ、時間が時間ですのでプラスになったら逃げることは意識することをおすすめします。

ではでは、手島でした^^

Bigbossクリスマスキャンペーン実施中!

Bigbossがトリプルキャンペーンを始めました!任金額が少なくても100%のボーナスがもらえる!例えば、10万円の入金で20万円の資金をで運用が可能なので成り上がりのチャンスです!少額トレードをされる方は是非この機会をご利用ください。

>>Bigbossクリスマスキャンペーンの詳細はこちらへ


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です