及川圭哉『ガチ速FX』は勝てない?原因と対策について考えてみた。

 

どうも^^

手島です。

ネットやamazonの書籍レビューの感想をみていると、

「ガチ速FXで勝てない。」

というコメントを見受けることがあります。

そもそも、FXでもどんなトレード手法であろうと勝てる人勝てない人がいます。

その理由は、

1.「自分の性格に合わないから勝てない」

2.「資金管理ができていないから勝てない」

3.「そもそも本質を理解してないから勝てない」

4.「そもそも検証回数が少なすぎる」

1.の場合は仕方ないので色々な手法を試して検証しながら、

自分に合っている手法というものを構築する必要がありますね。

しかし、勝てないという人は2.3.4.が多いです。

そーいう方は、この手法はだめだから違う手法という前に、

本気でその

ロジックや相場の原理原則を理解する

ことから始めると良いかと思います。

実際、インジケーターなどを使いこなすのも結構時間がかかりますんで(苦笑)

そんなわけで、今日はガチ速FXの手法を実践しても勝てないという人がなぜ勝てないのか?

その原因と打開策についてお話ししたいと思います。

及川圭哉さんのガチ速FXを実践しても勝てない理由を考えてみた。

1.天才チャートのシグナルサインを当てにしてる

勝てないという人の言い分の一つに、

「サイン通りやってもそこまで勝率が良くない。」

ということでした。

そもそも、ガチ速FXしっかりと熟読すればわかりますがサインだけでオッケーなんて、

どこにも書いてません(苦笑)

『ガチ速FX』の著者である及川先生もインジケーターだけで勝てないと動画でも説明されていましたね。

少なからず裁量判断が必要だと。

また、サインでオッケーとなるとガチ速で記述されている色々な論拠に矛盾が生じます。

それにつていも書いてみました。

1.及川式は時間帯を非常に重視している

ガチ速FXをしっかりと読めばわかりますが、通貨によって動く時間帯が異なります。

要は、動く時間帯だけトレードして合理的にpipsを稼いでしまおうという考え方です。

また、値動きが悪い時は捕まって何もできない状態になる可能性がある。

それを避けるためにもトレンドが始まる時間帯を狙うのです。

例えばこれ。

サインがでたらエントリーするので良いなら入りますが、普通こんなところで入りません。

これは、閑散時間で値動きがないのでトレンドが出にくいです。

2.MA乖離しすぎてるところを狙っている

例えば、こーいうところ。

エントリーポイントから直近の高値までの距離と損切りまでの距離。

もし、これでエントリーするなら僕なら、

サポレジが効いている赤色の水平線のあたりで一度損切りします。

まあ、損切貧乏を考えてやらないと思いますけどね。

で、天才チャートの基本ルールだと青色の1時間MAで損切りとなってるかと思います。

けど、この場合は50pips近くも乖離している。

利食いは直近高値と考えると20pips程度。

この時点でリスクリワードが悪いトレードになってしまいますのでエントリーすべき場所ではないのです。

ガチ速FXでもリスクリワード1:2の箇所を狙うと説明があったと思います。

P69ページに移動平均線の損切りとリスクリワードの合わせ方が書いてありますので読まれることをおすすめします。

また、140ページには水平線での損切りのやり方について書いてありますのでそちらも参考にされると良いかと思います。

2.相関関係を見ていない

ガチ速FXのP101~P118に詳しく書いてありますのでそれを勉強してください。

という話なのですが、

相関関係や通貨強弱を見るから上位足を見ずにできるというわけです。

それこそ、単体チャートだけでテクニカル通りにやるだけでは参考指標としては不十分です。

テクニカル分析に相関逆相関が加わることでトレードの精度がかなり高まるかと思います。

3.資金管理ができていない

及川先生の動画でご本人が鬼のようにポジったり、Twitterなどで結果を投稿しているガチ速、

デイトレ大百科を実践している人たちも鬼ポジトレードをやっている人もいます。

それを真似て、

「ああ、ガンガンポジればいいんだ。」

とか、思ってしまうと厳しいですね。

ガンガンポジれるのは勝てる根拠が高いのと、最悪負けた時の損失額が想定されており、

十分リカバリーもできる資金管理でやっているのです。

それに合わせて1ポジあたりのLotsも設定しているので、何も考えずにあれをみて真似るのは危ないとは思います。

例えば、ある時からずっと固定ロットでやっており、資金も証拠金だけではなく、

生涯収支が余裕でプラスなら一見派手な負け方をしたとしても大した損切ではないのです。

証拠金だけではなく見えないところにお金があるって場合も多いので、

あれをいきなりやるのではなく、

ご自分がどーいう場所なら勝率が高いのか?
どーいう場所がリスクリワードが良いのか?

それこそ、ストップロスがあほみたいに広く、勝率も微妙なのにあれをやるとかなり厳しいでしょう。

この辺が分かるようになってから少しずつ鬼ポジの練習をしていくと良いかと思います。

及川先生の動画を何本も見ればわかりますが、

ナンピンの説明や、資金管理の説明もされているので参考にされると良いと思います。

4.検証回数が足りない

別な記事にも書きましたけど、

FXって勝てない勝てないと嘆く人ほど大した検証回数を熟していないことが多いです。

そりゃ、1回、2回やって勝てないのは当たり前というかデータにもなりません。

せめて、デモ口座で証拠金が数倍になるぐらい検証を積んでみましょう。

そーするとどーやれば勝てるのか?というのがなんとなくイメージできると思います。

ガチ速FXで勝てるようになるために必要な方法とは?

1.とりあえずガチ速FX熟読する

申し訳ございませんが、移動平均線が揃ってシグナルが出たらエントリーすればいい。

という風に解釈している時点でそこまでしっかりと読まれていないことが想像できます。

そりゃ、勝てませんよ(苦笑)

ですので、何度もガチ速FXを読み返して、天才チャートの特典の動画も視聴しまくる。

及川先生の日々の動画を視聴しまくると、天才チャートをどのように使えばいいかわかります。

2.時間と通貨ペアを決める

ガチ速FXにも書いてあります。東京、欧州、NYの中で動く通貨ペアを選定します。

慣れるまでは1通貨ペアで良いので、特定のものに絞ってエントリーすると良いかと思います。

ちなみに、僕は欧州市場のポンド系通貨を狙うことが多いです。

3.相関関係をみる

僕も知り合いにガチ速をすすめて読んでいただいたことがあります。

それでFXを始められて仲間が増えてよかったなとは思っているのですが、相関関係が頭がこんがらがると仰います。

こればかりは慣れないと難しいのかもしれませんが、

ガチ速のドリルを何度もやりながら、トレードしながらそれをみると理解が深まるかと思います。

4.鉄板ロジックだけを実践していく

テクニカルであれば62ページから84ページまで丁寧に書かれてあります

のでこちらをしっかりと読まれると良いと思います。

人のよってどーいう手法が鉄板か?というのも違うとは思いますが、

僕は直近高値安値の水平線を抜けたときの押し目、戻りを狙うことが多いです。

直近高値を抜けた押し目のファーストタッチロング。

高値までの距離と1時間MAまでの距離が同じぐらいもしくは2:1以内で1時間MAまでのほうが近ければエントリーします。

そーすることでリスクリワードが良くなります。

ショートも同じような感じでエントリーポイントを選べばよいかと思います。

5.資金管理やLOTS管理

ガチ速FXではあまり解説されていない箇所でしたね。

解説されていない理由も人によってLotsをどうやって張るか?抑えるか?その強弱が異なるからだと思います。

それに、資金が少ない人のLotsの張り方、多い人のLotsの張り方もまた異なるでしょう。

勝率やリスクリワードにもよりますが、数万円から始めるなら1トレの損失額を10%とかにしてもいいと思います。

ただ、やはり1トレもしくは1日の最大損失額を資金の〇%にしておくことは重要です。

ここを無制限にしてしまうから溶かすわけです。

世間でいわれている推奨は2%ですが、こればかりは人によります。

自分がどの程度の損失額なら回収できるのか?それをベースに決めればよいかと思います。

例えば、勝率65%、リスクリワード1:1以上、1日1回と決めているなら、

損失額は5~10%でもなんとか行けると思います。

逆に、勝率65%、リスクリワード1:1以上、1日3回とかなら、

その分1トレの損失額は抑えないとまずいわけです。

この辺は何回やるかにもよって変わってくるでしょうね。

1回しかやらないなら連敗のリスクを下げられるメリットがありますが、負けたらその日のうちに回収できないデメリットがあります。

何回もやる場合はその日のうちに回収しやすいメリットはありますが、往復びんたを食らう可能性も高くなるデメリットもあります。

この辺は本人の自信の度合いや成績の度合いなどを含めてどう考えるかでしょうね。

終わりに

さて、今日はガチ速FXについて思うことを書いてみました。

確かに、ガチ速FXで勝てないという人。

「あんなの初心者には無理だ!」
「サイン通りでは勝てないじゃないか!」
「ナンピンしまくってコツコツドカンだろ!」

というご意見。

けど、いつまでも初心者ではだめです。

マーケットはお金の奪い合いの世界ですから、私は初心者です。お手柔らかにというのは通用しません。

寧ろ、そーいう人はカモになるだけです。

なので、「勝てない」と言い訳するのではなく、

初心者意識を捨ててガチ速FX熟読!そのうえで、しっかりとトレードを検証することが重要だと思います。

そーでないとどんなロジックでも勝てるようにはならないと思います。

ナンピンしまくってコツコツドカンになるのもここを突破したらすべて損切りというのができていないからだと思います。

ナンピンもどのように使えばよいか?説明されてありますのでもう一度読み返すことをおすすめします。

書籍だけだとなかなか不十分。

動画でしっかりと解説されている教材もほしいならデイトレ大百科をおすすめします。

及川圭哉さん FXismデイトレ大百科の評判・検証・内容・特典・レビュー

2019年8月21日

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です