及川圭哉 デイトレ大百科FX天才チャート検証 2020年7月20日 欧州+60pips・NY+37pips

 

どうも^^

手島です。

欧州市場

16:00~16:10

まず、前半戦。

16時になったばかりなのでここから伸びるかどうか判断するのは少し難しい。

なので、サクッとスキャルピング的に終えました。

結果論でいえば伸びましたし、EURGBPが完全に崩れたのでここからの押し目買いを狙っていく感じですね

で、次が欧州本チャン。

16:25~17:27

前半は最悪逆行されても仕切り直ししようという考えでやりましたのでロットを落としましたし、

後半はストップが広いのでLotsを少し下げていますから、

獲得pipsの割には儲かっていない。

しかし、それでも日利+2%は超えましたのでここで一度利食い。

拮抗してなかなか上がっていかない理由はEURとGBPの力の差がそこまでないからだと思います。

ポン円なんてレンジなのでテキトーに逃げたかったのはあります。

メーターをみてもそれが明らかですね。

EURGBPはこのように下落しているのでチャートで見るとポンドが強くユーロが弱い。

という感じにも思えますね。

ドル円は下げなのでどちらかというとポンドルが上がった感じです。

ここでユーロとポンドの差が圧倒的だとやはり勝負は決まりやすい傾向にあります。

しかし、メーターでみると若干弱い程度なのでトレンドが出ず拮抗。

って感じで終わったのでしょう。

この後、ゆっくり上下しながら上げていきましたね。

ただ、保有時間も長く持ったのでこれで終わりました。

おまけ

NY市場

21:46~22:16

ニューヨークも37pipsぐらい捕りましたので合計で90pipsぐらいですね。

ボラが凄い出ているうえにMAの乖離が大きいのでテキトーに逃げます。

けど、EURGBPは下落でメーターをみてもEURは弱い。

で、ポンドは最強ですから、ドルや円よりも圧倒的に強いのもわかります。

ドル円も下落のレンジなので両方入れても良いかと。

なのでここからなかなか崩れないんじゃないのという感じで入りました。(経験上そーいうパターンが多い)

もちろん、損切りはちゃんとしなければいけまんせんけどね。

といことで、トータルで日利+4%ぐらい行きました。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です