及川圭哉 デイトレ大百科FX天才チャート検証 2020年10月13日 欧州+30pips

どうも^^

手島です。

今日は結構負けました。

3連敗してしまいトータルで-170pipsぐらいの損失を作ってしまいました。

その中で回収するチャンスはあったのですがこれはトレンドの初動だから伸びるんでは?

という期待によって伸ばそうとして逆行されてさらに傷を広げてしまいましたので反省ですね。

で、最終的に17時台後半のトレンド転換でがっつりポジってすべて回収した感じ。

欧州市場 17:33~17:58

こちら、EURGBP

16時台をみると押し目買いでこのまま上がるかと思いきや4時間MAではじかれました。

ファーストタッチの次のセカンドタッチで利食いを検討しましたがそうもいかず。。。

で、ポンドはみるみる上がるが、EURGBPはなかなかMAを超えられない状態が続くが、

ポン円、ポンドルの上げ相関から入りました。

これは、EURGBPのMAを超えて下落に転じるのでは?もし反転して上昇したら損切り。

というプランで考えました。

後は、欧州後半のトレンドなのでここからまた戻されることもなかなかないかなという意味です。

このように密集したMAを抜けてトレンド転換の初動で飛び乗りしました。

ポン円のほうをたくさん入れておいて、ポンドルは戻ったときに追加しようと思いました。

結果的にあまり戻らずそのまま伸びていきましたね。

どちらかといえば、ドル円が上げているのでポン円の買いが優勢かなと判断しました。

そーいう意味でもポンドルのポジション数は少なくしました。

最初のほうで負けたのを一度回収してしまって再チャレンジすればこんなに苦労せずに済んだ。

さらに、そのほうが低リスクでしたのでその辺りは反省しなければいけないかなと思いました。

あとは、16時台と、17時台の動きは異なる場合が結構あるのでその辺はすぐに対応できるように準備はしていました。

17時台に逆に伸びるならそっちへ行くのかな?という感じ。

そーいうシーンで突っ張るのはあんまりよくないというか経験上それではあまり勝てないことが多い。

とりあえず、しょぼい利確にはなりましたが買って終えられたので良かったです。

そのあと、18時台に押し目買いをやりましたが拮抗しまくって利益は出しましたが、

ポンドルが手数料でマイナスで決済してますので実質10pipsぐらいですかね。

もう、今日はこれ以上捕るのはやめました。

また、明日頑張ることにします。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です