及川圭哉 デイトレ大百科FX天才チャート検証 2021年2月19日 欧州+39pips

どうも^^

手島です。

欧州市場

17:17~17:35

本日はしっかりと動き始めるところまで待機して着実に捕りましたw

ポンドの相関でいうとポンドルは上がっている。

どちらかといえば、押し目買いロングの形をしていますね~。

ところが、ポンドオージーは下げおり、ポン円も崩れ始めました。

ヒストグラムをみてもポンドは弱い。では、なんでポンドルが上げているのか?ということを考察します。

ドル円がこのように勢いよく下げています。ポンドルはドルストレートなので逆相関になります。

つまり、ドル円が下げるということは上げる。

ユロポンの上げが強ければ下がるというパターンもある。

EURGBPは4時間MAを抜けてますのでまあまあ強いのかなとも思います。

こーいうパターンはどの通貨ペアを選ぶか?

ポン円ですよね。

買いであるユロポンとの逆相関ということは売りになる。

売りであるドル円との相関ということは売りになる。

こーいうロジックです。

リスクリワードを考慮して1:1以上になったところで利食いを検討。

さらに伸ばせるか?と思ったら水平線の場所で一度跳ねたので利食い優先しました。

ここで、跳ねずに勢いのまま下がるならまだ保有という感じでしょうかね。

また、この時間でMAがすべて下向きでサポレジ転換してるならそう簡単に逆に吹き上げられはしない。

特に、高値の場所まで戻ることなんてなかなかないので自信をもって捕りに行ってもイイのかなと思います。

それこそ、これはナンピンする腹積もりでやりましたから。

1つpipsが少ないポジションがあるのはピラミッティングを行ったからですね。

完全に抜けきったところでもう一発入れた感じです。

ポンドルに関しては、ドル円が下げていてポンドルが上げているなら売りはない。

また、ユロポンと相関しているのであまりやりたくないという理由で今日はやりませんでした。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA