FXは勝てない!助けて!と悩むあなたに伝えたいこと。

どうも^^

手島です。

FXをやっているけどなかなか勝てるようにならない

と、悩まれている方は非常に多いと思います。

なぜなら、FXで勝てている人の割合というのは1%程度といわれているからです。

実際に僕のところにも、

「FXでどうしても勝てません!助けてください!」という相談もいただきます。

勝てないという理由は人それぞれありますが、ほとんど原因は決まっています。

「ルールを守れない」
「明確なトレードロジックがない」

この辺なのです。

勝てない!助けてよ~っていう方は是非一度自分の胸に手を当てて考えて見てください。

当てはまっていませんか?

そこで、今回はFXで勝てない人に伝えたいことをまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

それでは行きましょう!

FXで勝てない人によくある典型的なパターンを紹介します!

1.資金管理が出来ていない

これがほとんどなのではないか?と思います。

結局、最終的にドカンとやってしまう原因というのは自分の器以上にロットを張ってしまって負けるパターン。

さらには、ストップロスを入れずに無計画にロットを決めたり、ポジションを増やしたり。。。とめちゃくちゃなことをしている人。

こーいう人というのはFX以前に投資において絶対に勝つことができません。

2.明確な手法・トレードロジックを持っていない

あなたは、「これなら勝てるぞ!」という手法は持っていますか?

もちろん、毎回毎回勝つことはできないでしょうが、自信をもって取引できる手法です。

そして、統計的に利益を出せるという手法。

これは、何でもよいと思いますが、何かしら優位性が高く一貫性のあるロジックでないと難しいのではないかと思います。

それこそ、毎回毎回、エントリーの都度やりかたを変更してしまってはなかなかロジックが定まりませんので要注意です。

3.勝率&リスクリワード

これは手法によって異なるので何とも言えませんが、勝率があまりにも低すぎると利益を出すのは難しいでしょうね。

例えば、僕の場合はリスクリワード1:1以上で勝率6割以上あるので利益が出ます。

仮にリスクリワードが1:2ならば勝率5割程度でも問題ないでしょうし、逆に勝率が9割ならばリスクリワードは3:1とかでも大丈夫でしょう。

この辺は勝率とリスクリワードのバランスがカギを握ります。

よくある事例 突然ルールを守れなくなるメカニズムとは?

あなたも経験はありませんか?

はじめのうちはルールを守れていた。ルールを守っていた頃は普通に利益を出すことが出来ていた。

ところが、あるとき突然ルールが守れなくなったというパターン。これのメカニズムについてお話ししたいと思います。

1.勝てていた頃は問題ない

勝てていた頃というのはルールをしっかりと守ってトレードを行っていたと思います。

資金管理を徹底して、損切幅、利食い幅のバランスも調整していたでしょう。

自分な得意なパターン、通貨ペア、時間帯などトレードロジックもしっかりと守っていたはずです。

要は、FXでいう勝ちパターンです。勝ちパターンを知っていれば取り合えずこれについては全く問題ないです。

2.負けパターンでルールを破る

負けパターンを知っている人、知らない人でもコツコツドカンを起こす人はここでルールを破ります。

考えられるのは1度負けるとその損失を取り返すために躍起になってしまうことです。ここがもう終わりの始まりです。

はじめの頃はポジション数だとか、ロット数だとか、ストップロスの位置だとかしっかりと守っていたはずです。

しかし、負けてメンタルが崩れる。。。過去にそれで勝ったビギナーズラックの記憶が自分の行動をおかしくしてしまうのです。

こういった症状が出たらまずいなと思ったほうが良いです。

FXで勝てない!助けて!という人は何をすればいいのか?

1.優位性の高いトレードロジックの構築

まずは、トレードロジックの構築から始めてください。

どんな手法でも良いのですがこれなら自分でもできるというもの。

デイトレでも順張りなのか?逆張りなのか?それともスウィングトレードなのか?とかね。

この辺はその人の性格やセンスによって何を選ぶかは変わります。

ちなみに僕はデイトレで欧州ポンドの順張りのみです。押し目買い、戻り売り、ブレイクアウトを使います。

はじめの頃は逆張りをやっていましたが、順張りのほうが勝てたので順張りのみに転向した形です。

2.損切りの練習

勝てない人は損切が下手です。利食い幅の何倍も損切が大きく、そのくせ勝率が低かったりします。

トレンド転換しているのにも関わらず、損切しないで耐え続けるとかね。

ですので、最初のうちはどこで損切りするのがベストなのか?

損切幅とポジションサイジングの調整など考える練習が必要です。

これができない時点で勝てません。これができると最悪大負けすることはなくなるはずです。

3.資金管理を徹底する

いくらの資金であれば何ロットで何pipsで損切りすればいいですか?とかいうのは間違いだと思っています。

そうではなく、優位性の高い損切り場所を見つけてエントリーポイントから何pipsあるのか?

1トレの損失額をいくらに抑えたいのか?これによってロットを決定します。これがポジションサイジングというものです。

ここを徹底しないとうまい具合に資金管理を行うことができないと思いますのでトレードごとにこれを意識しましょう。

4.1日のトレード予算を決める

1日のうち何回やるかは人によって変わると思いますが、

最大どれぐらいのドローダウンに遭ったら辞めるのか?

例えば僕の場合は最大6%の損失に遭ったらその日は辞めます。

もちろん、その後やれば勝てるかもしれませんが、さらに傷口を広げてしまったら後々回収するほうが大変です。

なので、1度その日は辞めて明日最大6%の損失額を覚悟して回収もしくは上乗せプラスになるように頑張るのです。

6%にしているのは3%を2回やれるという意味です。

5.トレードに執着しない

特にスキャやデイトレの場合は毎日チャートを見ると思いますが、毎日取引をしなければいけないのか?といったらそうではないです。

僕も1週間のうちにやらないことは結構あります。

トレードはやるだけであれば意味がなく、一定の勝率の中で勝ったり負けたりしなければいけないのです。

つまり、エントリーポイントを厳選するからこそ優位性も高まりますが、雑にやっている段階ではほんと意味がないです。

例えば、乗り遅れてしまったとか、微妙なエントリーパターンしかないならその日はやらなくていいのです。

このようにあえてエントリーをしないというのもトレードの一つなのでね。それにやらなければ最悪資金が減ることはないので。

6.一気に取り返そうとしない

負けたからと言ってそれを一気に回収して成功できるのは超上級者です。

基本は最大のロットを決めておき、マーチンゲールをやらずに限られた資金の範囲内でコツコツ回収していくのです。

それこそ優位性の高いところばかりトレードできていれば一時的には負けるものの最終的には回収できるはずです。

毎日勝って終わりたいという気持ちもわかりますが、負けて終わる日も当然ありますのであまりそこに執着すべきではないです。

それが成功すればよいですが、失敗したときのリスクが大きすぎますからね。

終わりに

さて、今回はFXでどうしても勝てない人向けに僕が思うことを書いてみました。

勝てない原因は大きく分けると3つしかありません。

1.資金管理ができない

損切り幅、損切ができない、ロット管理ができない、ポジションサイジングをやらない

2.トレードロジックに問題がある

勝率、リスクリワード、手法、時間帯、通貨ペアなど

3.メンタルの崩壊

はじめのうちは資金管理もトレードロジックもルール通りに出来ていたけどあるときできなくなるのはこのパターンです。

突然負け始めて焦ってしまいルールを壊してしまうパターンです。

この三つを見直していくと今自分に何が足りないのか?もしくは何がおかしくてトレードが狂っているのか?が見ていきます。

補強するなり、なおしていくなりしていけば負けないロジックは完成するはずです。

また、やるべきトレード、やらないトレードを明確に判断するスキルが非常に大事だと思います。

無駄を減らし、勝てるところだけやっていけば収支はプラスになりますからね。

多少の機会損失は気にしなくてよいので勝つところだけ厳選しましょう。

ではでは、手島でした^^


当サイトおすすめ教材・ツール

■デイトレ大百科 |『FX天才チャート』を徹底的に活用するための及川圭哉渾身のトレードロジック集■

FX教材に迷ったらこれでしょ!及川圭哉先生のFXトレード手法がこの教材ですべて学べてしまいます!僕も欧州市場のトレードをブログでほぼ毎日投稿していますがこの教材がバイブルです。真面目に本気で取り組めば十分勝てる!そんな教材です。

 

FXism ProController改 ー プロコンローラー改 ー

Fxismの天才プログラマー・ヨン様が開発した高機能決済ツール!ターミナルのお金が減っているのをみるとトレード中に不安になる。メンタルの影響でロットが上げられないという人には超おすすめ。ターミナルを閉じても一括決済できる。TP、SLも自動で入れてくれるすごいツール。そのほか多機能搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA